東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日大アメフット部「全ての人に感謝」 復帰後初の公式戦 大勝で再スタート

復帰後初の公式戦となった青山学院大戦を見守る日本大の宮川泰介選手(奥左から2人目)=7日、東京都調布市で

写真

 日本大アメリカンフットボール部が七日、悪質反則問題による出場資格停止処分から復帰後初となる公式戦に臨んだ。東京都調布市での関東大学リーグ、青山学院大戦に89−0で大勝して白星発進した。

 日大は昨年五月の関西学院大との定期戦で危険なタックルをして相手選手を負傷させる不祥事で処分を受け、昨季を棒に振った。今季は一部の下位リーグから再出発。同九月に就任した橋詰功監督は二季ぶりの公式戦勝利に「チームがどうなるか分からない状態からのスタートだった。全ての人に感謝したい」と語った。

 選手の自主性を重視して再建に取り組むチームはパス、ラン両方で相手を圧倒し、最終の第4クオーターだけで45点を奪った。贄田時矢主将は「二年分の取り組みが点数に出るゲームだと思っていた」と手応えを口にした。

 反則問題の当事者だった宮川泰介選手は、傷害容疑に関する東京地検の判断が出ていないため出場しなかった。

 橋詰監督は、今後の出場についても検察の判断を待つ考えを示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報