東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中日・京田 「光」判断、好走塁

4回裏無死三塁、福田の一邪飛でスタートし、ヘッドスライディングで生還する京田。捕手嶺井=ナゴヤドームで

写真

◇中日5−2DeNA

 中日が6連勝。大野雄は8回1/3を2失点で8勝目。打線は四回無死三塁から京田が一邪飛で生還する好走塁で先制。六回は福田の2点二塁打など3点を加えた。プロ初先発の斎藤が好投したDeNAは救援陣が崩れ、4連敗。

 ◇ 

 球審の両手が横に開くと、思わず雄たけびを上げた。四回無死三塁からの福田の一邪飛で、三塁走者の京田が本塁へ突入。捕手のタッチをかいくぐって頭から滑り込んだ。「思い切って行けた。チームに貢献できた喜びが無意識に出た」と照れたように笑う。均衡を破る先制点を自らの脚でもぎ取った。

 瞬時の判断が光った。一塁手のロペスが背走してフライを捕球した瞬間、果敢にスタート。走りながら、送球を受ける捕手嶺井の姿勢を見て「ちょっと後ろ側にそれたので反応できた」と、タッチをよけて右手で本塁を触った。与田監督は「際どいプレー。タッチをうまくかいくぐった」と称賛した。

 好走塁と暴走は紙一重。今季は走塁ミスで敗れた試合も多かったが、京田は「こういう走塁が僕の取りえ。同じ失敗はしてはいけないが、びびっていては野球はできない」と積極的な姿勢を貫く。今季2度目の6連勝。後ろは振り返らず、最後まで駆け抜けるしかない。 (荒木正親)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報