東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ナダル死闘制し、4度目優勝 全米OP

 【ニューヨーク=共同】全米オープン最終日は8日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス決勝で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)を7−5、6−3、5−7、4−6、6−4で下し、2年ぶり4度目の優勝を果たした。

 33歳のナダルは四大大会で19度目の頂点に立ち、優勝賞金385万ドル(約4億1200万円)を獲得した。23歳のメドベージェフは四大大会で初のタイトル獲得はならなかった。

 女子ダブルスはエリーズ・メルテンス(ベルギー)アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)組が初制覇した。

◆新鋭の追い上げ振り切る

 4時間50分の死闘を制したのは、経験豊富な33歳のナダルだった。最後はメドベージェフのリターンがラインを越えると、大の字になって倒れ込んだ。

 今夏絶好調だった新鋭の追い上げを振り切り、四大大会で19度目の頂点に立ち「相手が信じられないプレーをした。感情的になってしまう」と声を詰まらせた。

 現役最強のサウスポーはフォアのショットの飛びが悪くて苦しんだ。懐が深いメドベージェフの堅守を崩せず、カウンターを許す場面も多かった。

 第1、第2セットは勝負どころを制して連取したが、23歳と若い相手の反撃を受けてラリーで押され、第3、第4セットを落とした。

 最終セットは2度のブレークに成功して5−2としたものの驚異的な粘りに遭った。第10ゲームではブレークのピンチもあったがはね返し、3度目のマッチポイントの好機をものにし、気力でわずかに上回った。

 オープン化以降で30代になって5度目の四大大会制覇は38歳のフェデラー(スイス)や32歳のジョコビッチ(セルビア)らを抑えて単独最多。3強の一角が底力を示し、若手に優勝杯を渡さなかった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報