東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

19歳アンドレースク初V セリーナ破る 全米OPテニス

女子シングルスで優勝し、トロフィーを掲げるビアンカ・アンドレースク=ニューヨークで(共同)

写真

 【ニューヨーク=共同】四大大会最終戦、全米オープン第13日は7日当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス決勝で19歳のビアンカ・アンドレースク(カナダ)が37歳のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6−3、7−5で破り、四大大会初優勝を果たした。

 本戦に初出場した第15シードのアンドレースクはカナダ勢で男女を通じて四大大会のシングルス初制覇となり、優勝賞金385万ドル(約4億1200万円)を獲得した。

 過去6度優勝を誇る第8シードのS・ウィリアムズは大坂なおみ(日清食品)に敗れた昨年に続いて準優勝に終わり、四大大会で歴代最多に並ぶ24度目の頂点に届かなかった。

 混合ダブルスはベサニー・マテックサンズ(米国)ジェイミー・マリー(英国)組が2連覇した。

◆急成長 本戦初出場で偉業

 過去2年は予選1回戦で敗れた19歳のアンドレースクが信じられない成長曲線で、一気に全米女王の座に駆け上がった。3度目のマッチポイントの好機でフォアのリターンを決め、S・ウィリアムズの追い上げを振り切った。本戦初出場優勝の偉業となり「言葉にできない。伝説の選手に勝てたのは素晴らしい」。カナダに四大大会シングルスで初の栄冠をもたらし、大きな瞳を潤ませた。

 昨年まではツアー下部大会を戦っていたと思えないショットの完成度、試合運びの巧みさに持ち前の闘争心で挑んだ。第1セットからリターンで重圧をかけ、ストローク戦で先手を奪って焦りを誘うと第1、第9ゲームをダブルフォールトでブレーク。相手への声援が強まった第2セットは5−1から追いつかれたが「深呼吸で自分の戦いを取り戻そう」と冷静だった。その後の2ゲームを執念でもぎ取った。

 両親はルーマニアからの移民。3月のBNPパリバ・オープンでのツアー初優勝から全米初制覇は昨年の大坂なおみ(日清食品)の姿と重なる。今年も新ヒロインが誕生し、女子テニス界の覇権争いが面白くなってきた。 (共同)

<ビアンカ・アンドレースク(カナダ)> 両親の母国ルーマニアで7歳のときに競技を始め、17年にプロ転向。今年3月にBNPパリバ・オープンでツアー初優勝、8月のロジャーズ・カップで2勝目を飾った。170センチ。19歳。 (共同)

◆10代Vはシャラポワ以来

 女子シングルスで19歳2カ月のアンドレースクの初優勝は、2006年大会を19歳4カ月で初制覇したマリア・シャラポワ(ロシア)以来の10代選手のタイトルだ。

 女子ツアーを統括するWTAによると、26日で38歳になるS・ウィリアムズとアンドレースクの年齢差は18年263日で、オープン化以降の四大大会決勝で最も年の差がある対決だった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報