東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

マラソン五輪代表へ大一番 グランドチャンピオンシップ 15日号砲

写真

 2020年東京五輪の代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)=本社など共催=が15日、東京都内で行われる。新国立競技場が建設中のため明治神宮外苑の「いちょう並木」が発着点となるが、コースは五輪本番と同じ。男女のトップ選手が一堂に会する初の試みで、それぞれ3枠のうち上位2選手が代表に決まる。男子は31人が午前8時50分、女子は12人が同9時10分にスタートする予定。大一番となる一発勝負の行方を展望する。

<マラソン代表決定方法> 男女各3枠のうちMGC上位2人が決まり、残る1枠は2019〜20年シーズンの主要レースで決める。男子は福岡国際、東京、びわ湖毎日で派遣設定記録の2時間5分49秒を上回った上で最速タイムの選手が選ばれる。女子はさいたま国際、大阪国際女子、名古屋ウィメンズで同2時間22分22秒を上回った最速選手に決まる。派遣設定記録を切る選手がいない場合、MGCの3位が代表となる。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報