東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

貴景勝、元大関の意地

貴景勝(奥)がはたき込みで朝乃山を下す

写真

◇秋場所<3日目>

 2場所連続7度目の優勝を狙う横綱鶴竜は碧山を難なくはたき込み、初日から3連勝とした。

 1場所での大関復帰を目指す関脇貴景勝は朝乃山をはたき込んで全勝を守った。かど番の2大関は栃ノ心が北勝富士を寄り倒して初白星を挙げたが、豪栄道は小結遠藤に寄り切られて初黒星を喫した。関脇御嶽海は遠藤、小結阿炎とともに2勝目。

 勝ちっ放しは鶴竜、貴景勝に平幕の炎鵬、隠岐の海、東龍を加えた5人となった。

    ◇

 再起を懸ける場所の序盤のヤマ場は、思わぬ形であっさりと決した。関脇転落から1場所での大関復帰を目指す貴景勝が、はたき込みで朝乃山に勝利。御嶽海、栃ノ心と実力者を破って勢いに乗る相手を食い止め、初日からの連勝を3に伸ばした。

 立ち合いで鋭くかち上げ気味に当たって朝乃山の上体を起こすと、タイミング良く引き、左上手を取ろうと前のめりになった相手の頭を両手ではたいた。得意の押し相撲に持ち込もうとしたが「まわしを取られないように突き放してと思っていたのに、頭にいってしまった」と不満げ。敗れた朝乃山は「上半身に力が入ってしまった。相手はちゃんと見て、出るところは出て、いなしも強い」と2歳年下の元大関に完敗を認めた。

 貴景勝が新大関として臨み、右膝を痛めて途中休場を強いられた夏場所では、朝乃山が平幕優勝を飾った。貴景勝は「強いなと思って見ていた」と振り返るが、1年ぶりの対戦に「やることをやるだけ」と私情は持ち込まなかった。納得のいく相撲ではないにしても、平常心を貫き危なげなく退けた。

 3連勝にも貴景勝は「まだ分からない。3勝したから残りも勝てるわけではない」と浮かれずに受け止める。一方で降格の翌場所で10勝を挙げれば大関に復帰できるようになった1969年以降、条件を満たした6例のうち5例が初日から3連勝しているという好データもある。2場所ぶりの出場で、相撲勘や体力といった不安要素をぬぐいながら周囲の期待に応える結果を残していく。 (吉岡雅幸)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報