東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中日・京田が決勝弾 今季マツダで初勝利

◇中日3−2広島

 中日は0−2の五回、大島と福田の適時打で追い付き、延長十回に京田がソロ。これが決勝点で、今季9戦目でマツダスタジアム初勝利。救援陣が無失点でしのぎ、祖父江が2年ぶりのセーブ。広島はレグナルトが痛恨の一発を浴びた。

 ◇ 

 今季8戦全敗だったマツダスタジアムで京田の一打が中日に初白星をもたらした。2−2の延長十回、レグナルトの高めのカーブを右翼席へ。4月13日以来となる3号ソロに「狙ってはいないが、何とか塁に出ようと思っていた。久しぶりに気持ちいい打席だった」と会心の一発だった。

 この日負ければ自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消えていたが、踏みとどまった。残り14試合。「一日一日を大事にして、一つでも勝てるようにしたい」と目を輝かせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報