東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

丸2発 巨人M7

4回巨人1死一塁、右越え2ランを放った丸は「マルポーズ」=横浜で

写真

◇巨人8−5DeNA

 巨人は一回に丸の適時打などで2点を先制し、3−1の四回に丸、岡本の連続本塁打で3点を加えた。八回にも丸の2ランでリードを広げた。田口が六回から2回無失点と好投して流れを渡さなかった。

◆高い技術 右へ左へ

 バットを振り切った直後、視線は打球の行方を追うのではなく、ミートポイントに残ったまま。巨人の丸が放った2本の2ランは技術の結晶だった。4ゲーム差で迎えたDeNAとの3連戦を勝ち越し、優勝へのマジックナンバーを「7」とした。

 1発目は3−1の四回1死一塁。武藤の高めの直球をたたいた。スイングの途中でわざと腰の回転を止め、バットを走らせる「ツイスト打法」。当たりが止まっていた今月上旬、体の開きを極限まで我慢するために取り入れた高等技術で右越えに運び、「すごくいい感触で打てた。完璧」と自賛。八回には国吉の外角カットボールをファンの待つ左翼席へ運んだ。

 原監督は「自分のバッティングをよく知っているから、ああいう調整ができる」。5年ぶりのリーグ優勝に向け、復調気配漂う3番打者は「チーム一丸で突き進んでいきたい」と高らかに宣言した。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報