東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ソフトM12 首位奪回

7回、西武・外崎を空振り三振に仕留め、雄たけびを上げるソフトバンク先発の千賀=メットライフドームで

写真

 パ・リーグは12日、ソフトバンクがメットライフドームで行われた西武との今季最終戦に3−2で勝って一日で首位に返り咲き、ソフトバンクに2年ぶりの優勝へのマジックナンバーが「12」で今季初点灯した。ソフトバンクと西武はともに残り12試合で直接対決はないため、ソフトバンクが12戦全勝すれば優勝が決まる。

◇ソフトバンク3−2西武

 ソフトバンクが首位返り咲き。千賀が8回4安打1失点の力投で13勝目を挙げた。打線は八回にグラシアルのソロと松田宣の犠飛で2点を先制し、九回に高田のスクイズで加点。西武は九回に中村のソロで1点差としたが及ばなかった。

◆頼れる千賀 8回1失点

 七回のピンチをしのいだところに、千賀らしさが詰まっていた。1死二、三塁で、栗山、外崎をともにフォークボールで連続空振りの三振に仕留めた。「外野フライでも1点を取られる。三振を狙った」。直後の八回の攻撃で味方打線が2点を取り、「ピンチの後にチャンスありですね」と汗をぬぐった。

 ロッテ戦の無安打無得点試合の偉業から中5日のマウンドは、前回にも増して力がこもっていた。天王山の一戦に「自分の調子が良いとか悪いとかでなく、絶対に負けないという気持ちでマウンドに上がった」という。8回を4安打1失点。工藤監督も「前回の投球で何かをつかんだような素晴らしいピッチング」とたたえた。

 味方打線は、三回までに西武先発十亀に7安打を浴びせながら攻めきれず、再三の先制機を逸した。そんな状況に左右されることなく、マウンドで集中した。四回まではパーフェクト。「味方が点を取ってくれるまで粘ることができた」とうなずいた。チームは一夜で首位の座を奪い返し、優勝マジックが点灯した。とはいえ、残り12試合で「12」は、あってないようなもの。エースは「ここからはチームの勝ちが一番。最後まで自分の役割を果たしたい」と表情を引き締めた。 (牧田幸夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報