東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

渋野、連続オーバーパーなし29R 6年ぶり記録更新「名前残りうれしい」

第1日、7番で第2打を放ち、笑顔を見せる渋野日向子=チェリーヒルズGCで

写真

◇日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯<第1日>

 ほっとしたような笑みを浮かべ、渋野が会見場に現れた。オーバーパーなしの連続ラウンドを「29」に伸ばし、ツアー最多記録を6年ぶりに更新。「きょうはそのことばかりを考えていた。名前が残るのがうれしい」と喜びを語った。

 前半はプレーに硬さが見られ、1オーバーで折り返し。しかし、ショットが安定してきた後半は11番でイーブンに戻し14番もバーディー。「アンダーになってからは落ち着いてできた」と言うのだから、重圧は相当にあったはずだ。

 記録更新が注目されたラウンドで、終わってみれば首位と2打差の好スタート。昨年7月にプロテストに合格した思い出の地で成長を示した。記録から解放された渋野は「あすは(上位に)遅れないように攻めていかないと」と威勢のいい言葉を並べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報