東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

朝乃山「前へ」初金星

朝乃山(左)が寄り切りで鶴竜を破る

写真

◇大相撲秋場所<5日目>

 2場所連続制覇を狙う横綱鶴竜が平幕朝乃山に寄り切られ、初黒星を喫した。朝乃山は初の金星。1場所での大関復帰を目指す関脇貴景勝は北勝富士を突き落とし、5戦全勝とした。

 豪栄道は大栄翔を引き落として4勝1敗とし、栃ノ心は友風をはたき込んで2勝目を挙げた。関脇御嶽海は小結阿炎を突き落とし、小結遠藤とともに2日目から4連勝。

 勝ちっ放しは貴景勝と平幕隠岐の海の2人となり、1敗は鶴竜や豪栄道ら8人。

◆幕内100勝目 鶴竜を圧倒

 横綱が相手でも、ひるまずに前へ出た。25歳の朝乃山が鶴竜を破って初金星。「自分の相撲を取れて勝ったことがうれしい」。積極的な姿勢が実り、幕内通算100勝目を感慨深い形で手にした。

 立ち合いで得意の左上手をつかめず、逆に鶴竜に右の下手を許した。それでも胸を合わせたまま前に圧力をかけた。横綱の下手投げに乗じて左上手を奪ってさらに前進。最後まで投げを打ってくる相手に屈せず、そのまま寄り切った。「我慢して前に出たのが良かった」と振り返った。

 夏場所で初優勝し、勢いに乗って鶴竜との初対戦に臨んだ名古屋場所では、肩透かしで黒星を喫していた。「先場所は自分の相撲が取れなかった。前に、前にという相撲を信じてきて、今日みたいな相撲ができた」と胸を張る。

 今場所も初日から御嶽海、栃ノ心と強敵に真っ向勝負で連勝したが、3日目は貴景勝にはたき込まれ、4日目は遠藤を土俵際まで追い詰めながら粘られて連敗。「昨日みたいな取組はしたくない」と気持ちを切り替え、金星につなげた。八角理事長(元横綱北勝海)は「前に出ようとしているところが強い。攻め続けているから上手が取れる。自信を持っているよね」とたたえた。

 客席から舞う座布団は「気にならなかった」と冷静だったが、勝った直後の気持ちを問われると「うれしかった」と素直に笑みを浮かべた。6日目の相手は大関豪栄道。「明日からも今日みたいな相撲を取りたい」。白星を先行させたまま上位との対戦を終えることができれば、初の三役昇進も現実味を帯びてくる。 (吉岡雅幸)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報