東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

レオ、ロッテに7連勝 4年目の国場 プロ初勝利

◇西武4−3ロッテ

 西武がサヨナラ勝ちし、ロッテに7連勝した。3−3の延長十回1死一塁からメヒアの中堅への適時二塁打で勝負を決めた。十回を抑えた国場が4年目でプロ初勝利。ロッテは九回に2点差を追い付いた粘りが実らなかった。

◆延長10回 中軸封じ

 西武は2点リードの九回に追いつかれたが、延長十回サヨナラ勝ち。十回のマウンドに立った国場に4年目のプロ初勝利が転がり込んだ。「初勝利よりもチームが勝ったことがうれしい」と汗をぬぐった。

 流れがロッテに傾きかけた場面での登板。前夜、本塁打を喫した中村奨と続く清田を得意のスライダーで遊ゴロに打ち取ると、角中は真っすぐで空振りの三振に。中軸3人を完璧に封じ、「気持ちで負けないようにした。絶対に抑えてやると思って投げた」。

 負けられない試合が続く中で、先発の今井は6回を1失点と粘り強く投げた。前日は1年目の松本航が7回無失点と好投した。辻監督は「若い選手がしびれるような試合で結果を出し、自信をつかんでくれれば」と期待する。

 残り10試合。総力戦で勝ち続ける。 (牧田幸夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報