東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

元関脇逆鉾 死去 井筒親方、鶴竜育てる

写真

 大相撲の元関脇逆鉾でもろ差しの名人として知られた井筒親方(本名福薗好昭=ふくぞの・よしあき)が死去したことが十六日、関係者への取材で分かった。五十八歳だった。鹿児島県出身。最近は膵臓(すいぞう)を患っていたという。

 弟の元関脇寺尾、兄の元十両鶴嶺山とともに“井筒三兄弟”と呼ばれた。一九七八年初場所初土俵。父の先代井筒親方(元関脇鶴ケ嶺)譲りのもろ差しからの速攻で活躍し、八七年九州場所から八九年春場所まで九場所連続関脇を務めるなど活躍した。引退後は親方として横綱鶴竜らを育てた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報