東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

新体操団体44年ぶり銀 世界選手権 過去最高タイ

団体総合日本のフープ・クラブの演技=バクーで(共同)

写真

 【バクー=共同】東京五輪予選を兼ねた世界選手権第6日は21日、当地で団体総合が行われ、昨年5位の日本=松原、杉本、竹中、鈴木、横田、熨斗谷(のしたに)=はフープ・クラブで29・000点、ボールで29・200点の合計58・200点をマークし、当時強豪のソ連やブルガリアがボイコットした1975年大会以来44年ぶりに過去最高に並ぶ銀メダルを獲得した。ロシアが58・700点で4連覇した。

 五輪の開催国枠がある日本は3位だった2017年大会以来2年ぶりの表彰台となり、自力で五輪出場枠も獲得した。

 日本はフープ・クラブで1位、ボールで3位となり、各種目の8位までで争われる22日の種目別決勝に進出した。

◆完璧追求 超高難度演じきる

 東京五輪でのメダル獲得を見据えた団体総合の戦いで望外の結果をつかみとった。「フェアリー(妖精)ジャパン」は息つく暇のない演技で観客を魅了。フープ・クラブ、ボールの各2分半にぎっしりと詰め込んだターンや複雑な手具交換の連続を見事に決め、44年ぶりに銀メダルに輝いた。主将の杉本は「練習してきたことを全て出し切れた」と充実感に浸った。

 4月のワールドカップ(W杯)バクー大会で五輪5連覇中のロシアを破って優勝。国際大会でメダルの常連にまで成長したが、歩みを止めなかった。「まだ相手のミスがあっての表彰台。完璧な演技をされても戦えるようにしたい」と言う杉本ら選手たちは1年の半分を過ごす合宿地のロシアでコンビネーションを強化。この3カ月でDスコア(演技価値点)を各種目で4点近く上げ、20点以上の超高難度な演目に仕上げた。

 ともにアップテンポな曲に乗せ、徹底された正確な片手キャッチでEスコア(実施点)も高評価の目安とされる8点台を大きく超えた。自国開催の五輪に弾みをつけ、杉本は「去年よりも本当に難しい演技。しっかり(2種目)総合でできたのは自信につなげたい」と誇った。 (共同)

◆五輪でメダル確率「50%」

<山崎浩子・日本体操協会強化本部長の話> フープ・クラブは今季一番。すごく出来が良かった。(東京五輪でのメダルの確率は)50%。取れる力はある。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報