東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

渋野、8打差大逆転 「ありのまま」取り戻し今季3勝目

最終日、16番でチップインバーディーを決めてギャラリーが歓声を上げる中、ガッツポーズする渋野日向子=新南愛知CC美浜Cで

写真

 ◇デサント東海クラシック最終日(22日・愛知県新南愛知CC=6437ヤード、パー72)

 AIG全英女子オープン覇者の渋野日向子がボギーなしの8バーディー、64で回って通算13アンダーの203で8打差の20位から大逆転優勝した。5月の初制覇から国内ツアー通算3勝目となった。

 最終日に8打差逆転は1988年以後では2番目の大差。賞金1440万円を獲得し、今季獲得賞金が1億円を超えた。

 2打差の2位は上田桃子、浜田茉優と申(シン)ジエ、李知姫(イ・チヒ)の韓国勢、テレサ・ルー(台湾)が入った。鈴木愛は9位。

      ◇

 台風17号の影響で、時間を追うごとにコース上空の風は強まっていった。2日目を終えて20位にとどまり、午前7時40分にスタートした渋野は「朝は風がなかった。幸運だったと思う」。最終組など前日まで上位の選手が次々とスコアを崩す中、天候の利も生かして8打差を逆転した。

 風が穏やかな前半からスコアを伸ばした。4番は8メートルのパットをねじ込み、パー5の5番はグリーン奥から第3打をピンそば30センチに寄せた。6番で2・5メートルのパットを決めて3連続バーディー。後半もパットとアプローチがさえ、16番で残り15ヤードのラフからチップインバーディーを奪うと、右拳を握り締めて喜んだ。

 日本勢42年ぶりのメジャー制覇を果たした全英女子オープンから1カ月余。「なかなかゴルフを楽しめていなかった。自分の中で何か重圧をかけていたのかもしれない。今大会から、ありのまま、今までの自分で頑張りたいと思っていた」。見失いかけた持ち味を逆境の中で取り戻した。

 国内ツアー実質1年目で獲得賞金額は1億円に達し、今季トップの申ジエとの差は1000万円余。「新しい目標は賞金女王。今季の残りの試合でも上位争いをしていかないと」。20歳の人気者が、名実ともにツアーの主役に躍り出た。 (吉岡雅幸)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報