東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

豊昇龍、琴勝峰 新十両に昇進 九州場所番付編成会議

 日本相撲協会は25日、大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)の番付編成会議を開き、元横綱朝青龍のおいの豊昇龍(ほうしょうりゅう)(20)=本名スガラグチャー・ビャンバスレン、モンゴル出身、立浪部屋=と埼玉栄高出身のホープ、琴手計(ことてばかり)改め琴勝峰(ことしょうほう)(20)=本名手計富士紀(としき)、千葉県出身、佐渡ケ嶽部屋=の新十両昇進を決めた。

 再十両は3人。若元春(25)=本名大波港、福島県出身、荒汐部屋=が4場所ぶり、天空海(あくあ)(28)=本名高畠祐貴、茨城県出身、立浪部屋=は7場所ぶり、明瀬山(34)=本名深尾光彦、愛知県出身、木瀬部屋=が2場所ぶりの復帰となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報