東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高橋大輔、アイスダンス転向 村元と22年五輪狙う

写真

 日本スケート連盟は26日、フィギュア男子で2010年バンクーバー冬季五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC、写真)が来年1月からアイスダンスに転向すると発表した。シングルで出場予定の11月の西日本選手権、12月の全日本選手権後に、18年平昌五輪代表の村元哉中(かな=木下グループ)とカップルを結成し、22年北京五輪出場を狙う。男子の五輪メダリストでアイスダンス転向は異例。

 関係者によると村元が1月に高橋に話を持ちかけ、夏場の練習を経て9月に正式に結成が決まったという。米フロリダ州を拠点とし、マリナ・ズエワ・コーチの下で20〜21年シーズンの大会出場を目指す。

 33歳の高橋は14年に現役を引退したが、昨年に復帰して全日本選手権で2位。26歳の村元はアイスダンスで平昌五輪にクリス・リードと組んで出場し、日本勢過去最高に並ぶ15位だった。高橋は「新しい挑戦が始まる。さらなる高みを目指して頑張りたい」と、村元は「高橋大輔選手と新しい挑戦ができることをうれしく思う」と連盟を通じてコメントした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報