東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「自分のスイングできず」 中日・根尾「聖地」でプロの洗礼

8回中日2死一塁、根尾が空振りの三振に倒れる。捕手梅野=甲子園で

写真

◇阪神6−3中日

 阪神が今季最多に並ぶ5連勝で勝率5割に復帰した。五回に陽川の一発で先制し、六回は高山の2点打などで3得点。七回は大山の2ランで突き放した。継投で流れをつくり、3番手ガルシアが6勝目。反撃が遅かった中日は5位確定。

 ◇ 

 満員の観衆の拍手と声援に包まれ、根尾が甲子園の地に立った。七回の守備から遊撃に入って出場。代わりばなの初球、いきなり打球が飛んできた。ゴロを正面でさばき、一塁へ送球。右へそれたものの、アウトになると顔を赤らめながら定位置へ戻った。

 「代わったところに飛びやすいので初球から準備していて、すぐ飛んできたので、やっぱり来たなと。(一塁の)福田さんがカバーしてくれたので良かった」。大阪・大阪桐蔭高時代に慣れ親しんだ聖地で迎えたプロ初出場。緊張は隠せなかった。ただ、動きが硬くても送球がそれても、大歓声がかき消してくれた。

 初打席は、6点を追う八回2死一塁。ジョンソンを相手に2球続けてストライクにバットが出ず、3球目の変化球にはバットを止められなかった。3球で空振り三振。「打っていこうという姿勢で打席に入ったが、自分のスイングができなかった」。相手の力と気迫に圧倒され、持ち味を出せないまま終わった。

 与田監督は「これから成長していく上で、どんどん経験を積んでほしい。自分で課題を見つけていくことが一番大事」と温かいまなざしを向ける。投手の球筋、球場の雰囲気、見聞きする全てをまずは体に刻んだ。

 根尾は「この経験を次につなげられるように反省して、あす以降プレーしたい」と前を向く。今は一つ一つの経験が将来の糧になる。 (荒木正親)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報