東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大胆采配 タカ先勝 CSファイナルS第1戦

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)が9日、セ、パ両リーグで開幕し、セは5年ぶりにリーグ優勝した巨人がレギュラーシーズン3位から勝ち上がった阪神を5−2で下し、パは2位ソフトバンクがリーグ2連覇の西武に8−4で逆転勝ちした。リーグ優勝チームには1勝のアドバンテージがあるため、巨人は2勝差とし、西武とソフトバンクは五分で並んだ。

 第2戦の先発は、セがメルセデス(巨人)、高橋遥(阪神)、パが今井(西武)、武田(ソフトバンク)と発表された。

◇ソフトバンク8−4西武

 ソフトバンクが終盤に粘りを見せ逆転勝ちした。2−4の七回にグラシアルのソロで詰め寄り、八回に長谷川勇の代打適時打と捕逸で逆転。九回に今宮、松田宣の適時打で3点を加えた。和田は4回3失点で降板したが、救援陣が試合を立て直した。

 西武は三回に外崎の2点三塁打などで逆転したが、救援投手がつかまり逃げ切れなかった。

◆内川に代打長谷川勇 執念同点打

 1点を追う八回だった。ソフトバンクは1死一、三塁の好機をつくった。西武・平井を継いだ平良の生きの良い投球に松田宣が3球三振に倒れると、工藤監督は内川に代打長谷川勇を送った。

 楽天とのファーストステージを勝ち上がる原動力となった「CS男」にも指揮官は非情采配を貫いた。「今日は(3打席)タイミングが良くなかったので後悔しないように決断した」。長谷川勇はカウント2−2から5球目の155キロを振り抜いた。打球は小飛球となって左前に落ちた。

 殊勲の同点打を放った長谷川勇は「やるかやられるかと思っていたので、気合で打ちにいった。良いところに飛んでくれた」。工藤監督も「追い込まれながら、ナイスバッティング。素晴らしい集中力でした」とうなずいた。

 長谷川勇の一打で一塁走者のデスパイネの代走に送られた周東も一気に三塁へ。直後に森の捕逸で勝ち越しの本塁を陥れた。

 この日はファーストステージで2試合スタメンを外れた松田宣も、ニールとの相性の良さから5番で先発起用すると、一回に先制の2点打を放つなど2安打4打点の活躍。「試合に出られたので、勝つために必死にやろうと思った。いいスタートを切れた」と汗をぬぐった。

 用兵がことごとく当たった工藤監督は「明日も負けられない戦いなので、しっかり決断します」と言葉に力を込めた。 (牧田幸夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報