東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

マラソン初、2時間切る 非公認 キプチョゲ、手厚いアシストで

特別レースで非公認ながら、マラソン史上初となる2時間切りを達成したエリウド・キプチョゲ=ウィーンで(ロイター・共同)

写真

 【ロンドン=共同】男子で2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(34)=ケニア=が12日、ウィーンで行われた特別レースで、フルマラソン史上初の2時間切りとなる1時間59分40秒で走った。記録は諸条件を満たさず国際陸連の非公認となるが、前人未到の「2時間の壁」を突破。「人間誰にだって限界はない。この機会を与えてくれて感謝している」と歴史的な快挙達成に喜びを語った。

 2016年リオデジャネイロ五輪のマラソン金メダリストは、気温の涼しい朝方にスタート。ほぼ平たんなコースで、風よけにもなる複数のペースメーカーは、男子1万メートル日本記録保持者の村山紘太(旭化成)を含む30人以上が何度も入れ替わった。さらにその前を走る車が機械的にペースを設定。自転車から飲み物を受け取るなど特殊なサポートを受けながら、沿道からの声援を背に1キロ2分50秒のペースをほぼ乱すことなく走り切った。ゴール後はケニア国旗を掲げ、沿道を埋め尽くして歓喜する観客とハイタッチを繰り返した。

 キプチョゲは17年にもスポーツ用品大手ナイキの企画でイタリアのサーキットで挑戦したが、2時間0分25秒だった。

<エリウド・キプチョゲ(ケニア)> 2016年リオデジャネイロ五輪男子マラソンで金メダルに輝き、18年9月のベルリン・マラソンで2時間1分39秒の世界新記録。トラック種目では男子5000メートルで03年世界選手権を制し、04年アテネ五輪3位、08年北京五輪2位とメダルを獲得している。34歳。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報