東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

G奇策で決勝点 丸2死からスクイズ ファイナルS第4戦

6回巨人2死三塁、丸がセーフティースクイズを決め、勝ち越し点を挙げる=東京ドームで

写真

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は13日、セ、パ両リーグともに第4戦が行われ、セは5年ぶりにリーグ優勝した巨人がレギュラーシーズン3位から勝ち上がった阪神を4−1で下してリーグ優勝による1勝のアドバンテージを加えて対戦成績を4勝1敗とし、パは2位ソフトバンクがリーグ2連覇した西武に9−3で快勝して4連勝を飾って日本シリーズ進出を決めた。巨人は6年ぶり35度目、ソフトバンクは3年連続19度目(南海、ダイエー時代を含む)の出場。

 CS突破がセ、パ同日に決まるのは、2009年以来2度目。セの最優秀選手にはファイナルステージで3本塁打を放った岡本が選出された。パは今宮が選ばれた。

 日本シリーズは19日にヤフオクドームで開幕。巨人とソフトバンクの顔合わせは2000年以来11度目で、巨人は7年ぶり、ソフトバンクは3年連続の日本一を目指す。

◇巨人4−1阪神

 巨人が快勝。1点を追う五回に岡本のソロ本塁打で追い付くと、六回2死三塁から丸がスクイズを決めて、1点を勝ち越した。七回にはゲレーロが2ランを放った。先発の高橋が六回途中1失点と好投。2番手の大竹が好救援し、終盤の継投も決まった。

 阪神は打線が2安打に抑え込まれ、得点は犠飛の1点のみ。力投の西を援護できなかった。

 ◇ 

 台風が過ぎ去った日曜の東京ドームには4万6000人近いファンが詰めかけた。その中で一体、どれだけの人たちが予期できただろう。巨人を2013年以来6年ぶりの日本シリーズへ導いた勝負手は、丸が2死から仕掛けたまさかのセーフティースクイズだった。「固定概念を持たず、広い視野を持っていた」。強打の3番打者がノーサインで繰り出した「奇策」が、決勝点をもたらした。

 1−1の六回2死三塁。「三塁手の大山が少し下がっているのが見えた。大山に捕らせるバントができれば安打になる」。初球の速球を三塁線へ転がす。打球を処理したのはマウンドを駆け降りた西だったが、一塁への送球がわずかにそれた。両膝をついてうずくまる右腕とは対照的に、両手を打ち鳴らして喜んだ。

 原監督も「ベンチもびっくりした」と目を丸くした。春先から掲げてきた勝利至上主義。昨季まで2年連続でリーグ最優秀選手に選ばれた丸が体現し、指揮官は「全員が勝とうという気持ちが集約されていた」とうなずいた。

 ファイナルステージ第1戦を控えた8日、原監督は言った。「短期決戦と言われるが、けっこう長丁場。あまり一喜一憂せず、一戦の中で1イニング、一つのアウトというものを積み重ねていく」

 レギュラーシーズン同様、見据えたのは目の前の試合のみ。この日のスタメンで試合開始と終了を同じ場所で迎えたのは遊撃手・坂本勇と中堅手・丸の2人だけ。勝機と見るや、ベンチの選手を惜しまずに投入する。指揮官の積極的な用兵はCSでもぶれることはなかった。「本拠地で一つの山を越えられたのは格別」と振り返った原監督。次なる相手はソフトバンク。12年以来7年ぶりの頂を目指す最後の挑戦が待つ。 (中川耕平)

 ★被災者対象に払い戻し 巨人は13日、台風19号の被災者を対象に、CSファイナルステージのチケットの払い戻しを行うと発表した。詳細はCS終了後に発表する。

◆阪神わずか2安打 力投の西援護ならず

6回巨人2死三塁、丸のバントが内野安打となり倒れ込む西

写真

 衝撃の大きさを物語っていた。阪神の西はグラウンドに膝をついたまま、しばらく立ち上がれなかった。同点で迎えた六回2死三塁。巨人の丸が意表を突く、スクイズ。懸命に投じた一塁への投球は、わずかにそれて、勝ち越し点を許した。西は「確認作業はしていた。自分のミス」。肩を落としてうなだれた。

 日本シリーズ進出のためには、勝たなければならない試合だった。だが、今季12球団でワースト得点の打線が、奮闘する西ら投手陣を援護できない。わずかに2安打。二回の犠飛による1点だけに終わり、今季が終了した。

 レギュラーシーズンは69勝68敗6分けの3位だった。貯金は1。それでもCSのファーストステージでは、2位のDeNAを撃破。ファイナルステージに駒を進めることができたのは大きな経験だ。

 矢野監督は「やっぱり巨人は強い。現在地は分かった。目指すところはもっと上」と3年契約の2年目となる来季を見据えた。

◆大竹「最高の結果」

 巨人の大竹が好救援で勝利を呼び込んだ。1−1の六回無死一、二塁で登板。マルテを三ゴロ、大山と梅野を2者連続で空振り三振に仕留めて無失点でしのぐと、その裏にチームが勝ち越して勝利投手となった。

 36歳のベテラン右腕。3試合連続で無失点と要所を締め「抑えられて良かった。打者一人一人と思っていた中で最高の結果となった」とうれしそうに話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報