東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

<ラグビーW杯>日本4強ならず 南アに敗れる  根付いたジョセフ流改革

試合を終え、スタンドのファンへあいさつに向かう日本代表の選手たち=20日、味の素スタジアムで(岩本旭人撮影)

写真

◇日本3−26南アフリカ

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、史上初のベスト8進出を果たした日本は二十日、東京都調布市の味の素スタジアムで、南アフリカと初めての準々決勝に挑んだが、3−26で敗れた。初のアジア開催となった大会で大躍進を果たしたが、4強進出はならず挑戦は終わった。

 試合開始時点の世界ランキングで過去最高の6位だった日本は、4位の南アフリカに対して試合の序盤でトライを許してリードされると、前半を3−5で折り返した。後半も苦しい展開が続き、失点を重ねて点差を広げられた。

 リーチ・マイケル主将(東芝)は「素晴らしい経験だった。日本はこれから、ますます強くなっていく」と胸を張った。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「チームを誇りに思う。選手はチームのために尽くした」と選手をねぎらった。

◆「選手が判断を」桜を変えた

 夢の舞台に終わりを告げるホイッスルが響いた。四年前のW杯で「奇跡」を起こした相手に、今度は力で寄り切られた。それでも、万雷の拍手が桜のジャージーに降り注ぐ。敗れてなお、輝く8強の偉業。「このチームを誇りに思う。素晴らしい体験だった」。戦いを終えた選手たちへ、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチが賛辞を並べた。

 三勝した二〇一五年に続く大躍進。二大会連続で主将を務めるリーチ・マイケル(東芝)は強調する。「今は選手が判断する。だから強い」。パス一辺倒だった四年前に比べ、臨機応変にキックも使い分ける。南アフリカ戦でも突進してくる相手の裏へ蹴って何度もボールを転がした。かと思えば、ゴール前での攻撃では地道にパスをつなぎ、ボールを保持しながら前へ進んだ。ピッチに立つ選手が戦術を使い分けた。その自在なスタイルはすぐに根付いたわけではない。

 一六年秋。ジョセフ・ヘッドコーチの就任当初、選手は戸惑った。前任のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチは戦術から服装まで事細かに指示する管理主義。後任は違った。「試合でプレーするのは選手。自分で考えてほしい」。戦術も示すのは大枠だけ。放任ともとれるやり方に「日本人に合わない」と選手が詰め寄ることもあった。溝を埋めたのは、地道な対話と実戦での結果だ。

 昨年九月の和歌山合宿では二泊三日の大半を話し合いに割いた。リーチ以外にも複数のリーダーを指名し、ゲームプランを立てるよう求めた。成果の兆しは昨秋の英国遠征。エディー・ヘッドコーチ率いるイングランドを相手に前半をリードして折り返した。逆転負けしたものの、選手が感じた「ジョセフ流」への手応え。以降、歯車はかみ合い、チームは加速度的に成長した。

 「日本ラグビーは新しい景色が広がる段階に来ている」。就任会見でのジョセフ・ヘッドコーチの言葉。その通り、日本を一段上に引き上げた。「管理」から「自主」へ。百八十度の転換だが、ベテランの田中史朗(キヤノン)は首を振る。

 「エディージャパンがつくったものの上にこのチームがあった。日本の進化を見せられた」。四年前の土台の上に花は咲いた。ぶつかりながら築いた「ワンチーム」。太さを増した根は、また四年後のW杯へと受け継がれる。 (平井良信)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報