東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

御嶽海、鬼門の初日制す

御嶽海(奥)が引き落としで妙義龍を下す

写真

◇大相撲九州場所<初日>

 成績次第で大関昇進の可能性がある関脇御嶽海は平幕妙義龍を引き落として白星発進した。

 休場明けの横綱白鵬は小結北勝富士をはたき込んだ。横綱鶴竜は腰を痛めて休場し、新小結朝乃山が不戦勝となった。大関に復帰した貴景勝は隠岐の海を押し出した。他の2大関は、かど番の高安が大栄翔を突き出し、豪栄道は小結遠藤に寄り倒された。1場所での大関復帰を目指す関脇栃ノ心は明生の下手ひねりに屈した。

     ◇

 やや苦手にしている妙義龍を引き落とし、御嶽海が鬼門を突破した。初日に白星を挙げるのは4場所ぶり。「初日の白星というより、これから始まるなという思いの方が大きい」。大関とりに挑む15日間。勝って気を引き締めた。

 妙義龍には過去3勝3敗。秋場所で勝つまで3連敗しており、初場所では取組中に左膝を負傷した。今回は「(連敗中は)中に入られて、ばたばたしていたことを踏まえた」と御嶽海。立ち合いで頭で当たると、すぐさま右からの喉輪で相手の動きを止めた。さらに左でも突き押しもう一度、右の喉輪。相手をのけぞらせると、タイミング良く引いて両手を土俵につかせた。

 「あれで(勝負を)決めようとは思っていなかった。相手が残ったら前に出ようと」。想定外の引き技が決まり手になったのは、それだけ腕の圧力が伝わっている証拠。危なげなかった。

 名古屋場所で9勝し、先場所は12勝を挙げて優勝したことで大関昇進への道を開いた。目安とされる「三役での直近3場所で33勝」には12勝が必要な計算だが、「いつも通り」と自然体の必要性を強調する。「徐々にエンジンをかけていく。ここから上げていかないといけない」。思い描くのは右肩上がりの曲線。その先に新たな景色が待っている。 (禰宜田功)

◆けが復帰 貴景勝快勝

 貴景勝は大けがの影響を感じさせない完勝だった。先場所千秋楽で左大胸筋に肉離れを負ったが、過去4勝1敗と合口のいい隠岐の海を一方的に押し出し。大関復帰の場所で、上々の滑り出しを飾った。

 戻った支度部屋では無言を貫いたが、負傷以来初めて関取衆と相撲を取った今月1日の稽古後「痛みはないし、体は動いている」と話していた。この日の取組後も左胸を気にする様子は見せず、帰りの車に乗り込んだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報