東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

野口みずきさん 日本人最初の聖火走者 ギリシャの地に勇姿再び

東京五輪の聖火ランナーに選ばれ発表会で笑顔を見せる(右から)野村忠宏さん、野口みずきさん、文化パフォーマンスの監督を務めるEXILEのHIROさん、組織委の森喜朗会長=東京都中央区で

写真

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、五輪の日本人最初の聖火ランナーに、04年アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずきさん(41)を起用すると発表した。来年3月12日のギリシャ・オリンピアでの採火式後、同国内で8日間にわたって行われるリレーで、ギリシャ人の第1走者に続く2番目のランナーを務める。

 柔道男子で五輪3連覇の野村忠宏さん(44)と、レスリング女子で五輪3大会連続金メダルの吉田沙保里さん(37)がギリシャ国内リレー最終日の同19日に最後から2番目と3番目の走者を務めることも明らかにした。2人の順番は未定。

 東京都内で記者会見した野口さんは「アテネ五輪の思い出と、これから始まる希望、そして聖火リレーの重みを感じながら聖火をつなぎたい」と抱負を語った。野村さんはアテネ五輪で3連覇を達成し、吉田さんは初制覇がアテネ五輪で3人ともゆかりの地となる。

 採火式は古代五輪発祥の地とされるギリシャ西部オリンピアで実施。日本側への引き継ぎ式はアテネのパナシナイコ競技場で行われる。野村さんと吉田さんは式典後、航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)に聖火を空輸する役割も担う。

 引き継ぎ式で日本が披露する文化パフォーマンスの監督を務める人気グループEXILE(エグザイル)のHIROさんも登壇。日本の子供のダンスは世界屈指の水準とし、子供を140〜150人集めて新旧の文化を織り交ぜた演出を考えていると明らかにした。

 聖火は3月20日に到着後、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)から国内聖火リレーが始まる。

◆思い出深い場所

<野村忠宏さんの話> ギリシャで五輪3連覇を達成した。思い出深い特別な場所で走ることができるのは、ものすごくうれしい。しっかり走って自分の役目を果たしたい。

◆しっかりつなぐ

<吉田沙保里さんの話> 初めて出場した五輪はギリシャだった。その思い出の地でもある五輪の聖地、ギリシャを走ることは大変光栄だ。採火された聖火をしっかり日本、東京へつなぎたい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報