東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

御嶽海、ガツンと完勝

御嶽海(右)が寄り切りで明生を下す

写真

◇大相撲九州場所<3日目>

 横綱白鵬は新小結朝乃山をすくい投げで仕留め、連敗を免れ2勝目を挙げた。朝乃山は初黒星で、三役以上の全勝が早くも消えた。

 両大関はそろって1敗を維持。貴景勝は大栄翔を辛くもはたき込み、かど番の高安は隠岐の海を上手投げで下した。成績次第で大関昇進の可能性がある関脇御嶽海は明生を寄り切って2勝目。関脇栃ノ心は小結遠藤をはたき込んで初勝利。

 3戦全勝は豊山、正代、新入幕の若隆景の平幕3人となった。

      ◇

 傷を負いながらも完勝した。御嶽海は立ち合いで踏み込んだ瞬間、明生の頭とぶつかった衝撃で右まぶたを切った。ボクシングでいえば「偶然のバッティング」にも「(視界は)いつも通り」とけろり。したたり落ちる血を何ら問題にしなかった。

 上体を起こされかけたが、もろ差し狙いで圧力を受け止める。右をのぞかせて前に出ると、最後は深く右を差して寄り切った。突き押しを得意とするが、差し身のセンスも光り「体はしっかり動いていたんじゃないか。悪くなかった」とうなずいた。

 連敗だけは避けたかった。2日目に同学年の北勝富士に敗れた反省を踏まえ、明生への対策を練った。この日の朝稽古と、取組前の支度部屋で何度も繰り返し確認したのは、立ち合いで相手の力を受ける動きともろ差し。ほぼ狙い通りの内容で白星をつかみ取った。

 かつては一度負けると黒星が続くこともあったが「感覚でつかんだものはある」。多くは語らないが、連敗せずに2度目の賜杯を抱いた秋場所の経験が生きているという。

 名古屋場所で9勝、秋場所で12勝。今場所で12勝を挙げれば大関昇進の目安となる「三役での直近3場所連続で33勝」に届く。内容も伴えば、場所後に昇進の機運が高まる可能性もある。ただ、御嶽海は過剰に意識しない。

 「もし今場所後に上がれなくても次の場所につながる数字なので、10勝以上したい気持ちはある」。三役で2桁勝てる力は備えつつある。まぶたの傷にもめげず、勢いに乗っていく。 (永井響太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報