東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

栃ノ心が休場 大関復帰は絶望的

◇大相撲九州場所<5日目>

 九州場所5日目の14日、西関脇の栃ノ心(32)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=と、新入幕の東前頭16枚目、若隆景(24)=本名大波渥(おおなみあつし)、福島県出身、荒汐部屋=が休場した。

 大関から転落して1場所目の栃ノ心は日本相撲協会に「右肋軟骨骨折で3週間の安静加療を要する」との診断書を提出。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「1週間やそこらで治る感じではない」と述べ、10勝を挙げての2度目の大関復帰は絶望的になった。

 栃ノ心は2勝目を挙げた4日目の宝富士戦で右腹部付近を痛めた。休場は7月の名古屋場所以来で10度目。5日目の対戦相手、大栄翔は不戦勝。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報