東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

乱打戦 日本が韓国破る プレミア12 2次R最終戦

2回裏2死二塁、菊池涼が先制打を放つ=東京ドームで

写真

 東京五輪予選を兼ねる国際大会「第2回プレミア12」は16日、東京ドームで2次ラウンド最終日の2試合が行われ、日本(1次ラウンドB組1位)は韓国(C組1位)を10−8で下し、4勝1敗の1位で2次ラウンドを突破した。17日の決勝で、3勝2敗の2位で通過した韓国と再戦する。日本の先発は山口(巨人)が務める。

 日本は1−1の三回に鈴木(広島)、浅村(楽天)の連続適時打など打者一巡の集中打で6得点。韓国の反撃を受けたが、五回に山田哲(ヤクルト)の適時二塁打などで2点、七回に押し出し死球で1点を加え逃げ切った。

 台湾(B組2位)がオーストラリア(C組2位)に5−1で勝ち、3勝2敗のメキシコ(A組1位)の2次ラウンド3位と2勝3敗の米国(A組2位)の4位が確定して3位決定戦に進んだ。勝者が米大陸の最上位チームとなり、東京五輪出場権を得る。

 台湾は2勝3敗で米国と並んだが直接対決で敗れているため5位となり、1勝4敗で6位のオーストラリアとともに敗退した。2次ラウンドでは1次ラウンドで同組だった相手とは対戦せず、1次ラウンドでの対戦結果をそのまま反映させる。

◆大勝ムードふい 再戦に不安

 既に決勝進出を決めている相手との前哨戦。手の内を探り合う中、韓国の底力を肌で感じることができたのが何よりの収穫だろう。同点の三回に6点取ると、すぐさま5点を返された。稲葉監督は「点差が開いた中でも何かやってくるのではないかという感じがあった」と苦しみを明かした。

 首を痛めて13日のメキシコ戦を欠場した菊池涼(広島)が、二回に先制打。決勝への不安を一つつぶした一方で、不調の相手に立て直しのきっかけを与えた面もある。先発の岸が5失点した四回は、打率2割を切っていた韓国の4番打者にも適時打を浴びた。前日のメキシコ戦から先発野手5人を入れ替えた中、復調を願うようにいつもの打順を任されていた。

 稲葉監督は「勢いに乗せないようにしっかり切り替えないと」と強調する。大味な試合の中からすくい上げた情報と相手の息遣いにどう対処するか。2009年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)以来10年ぶりとなる世界一へ向け、運命の一戦を迎える。 (浅井貴司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報