東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

女子78キロ超・素根 五輪切符1号 男子100キロ・羽賀らもV 柔道GS

女子78キロ超級決勝延長でキューバのイダリス・オルティス(下)から技ありを奪い優勝した素根輝=丸善インテックアリーナ大阪で

写真

 グランドスラム大阪大会最終日は24日、丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、女子78キロ超級で世界選手権優勝の素根輝(環太平洋大)は決勝で2012年ロンドン五輪覇者のイダリス・オルティス(キューバ)に延長の末、大内刈りで技ありを奪って初優勝した。19歳の素根は今大会を制したことで、柔道の東京五輪代表第1号に決まった。

 男子100キロ級は16年リオデジャネイロ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)が決勝でリオ五輪2位のエルマル・ガシモフ(アゼルバイジャン)に優勢勝ちし、4年ぶり2度目の優勝。世界選手権3位のウルフ・アロン(了徳寺大職)と飯田健太郎(国士舘大)は3位。

 男子90キロ級は世界選手権2位の向翔一郎(ALSOK)が3位。長沢憲大(パーク24)は向との3位決定戦を負傷で棄権した。リオ五輪金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は3回戦で敗退。同100キロ超級は太田彪雅(東海大)が決勝でロシア選手に屈して2位、影浦心(日本中央競馬会)は3位だった。

 女子78キロ級はリオ五輪代表の梅木真美(ALSOK)が世界選手権2位の浜田尚里(自衛隊)に一本勝ちで初優勝。同78キロ超級の3位決定戦では朝比奈沙羅(パーク24)が冨田若春(コマツ)を下した。

◆19歳世界女王攻め勝つ

 「五輪に出て、金メダルをとりたい」。柔道を始めた7歳から言い続けてきた夢。女子78キロ超級の素根は8月の世界選手権に続き、今大会も制した。直後に開かれた強化委員会で東京五輪代表に満場一致で選出され、「優勝することができてよかった。決まってホッとした」と満面の笑みを浮かべた。

 決勝は世界選手権の再戦。延長に入り、ロンドン五輪覇者オルティスに疲れが見えてきた。素根は見逃さず、一気に攻める。「小さい体が武器だと思っている」。身長162センチ。最重量級では小柄という短所を逆手に取り、相手の懐に思い切り飛び込み、左足で刈った。世界選手権では指導3による反則勝ち。今回は大内刈りで、投げて勝った。重圧のかかる舞台で成長した姿を存分に見せつけた。

 持ち味は強靱(きょうじん)なスタミナだ。「日本一練習している」という自負がある。今春から通う環太平洋大の近くに平屋の一軒家を借り、2部屋をトレーニング室に改造。大学の練習後は兄の勝さんと深夜まで黙々と稽古に励んできた。

 昨年4月の全日本選抜体重別選手権でライバルの朝比奈を初めて倒し、快進撃が始まった。昨夏のアジア大会を制覇し、今春から国内外の5大会で連続優勝。勢いは止まらなかった。

 「苦しい闘いが続くと思うが、東京五輪では絶対に優勝したい」。五輪という一つの夢を現実にし、次は輝くメダルへ。19歳の女王は高らかに誓った。 (森合正範)

<そね・あきら(女子78キロ超級)> 2019年世界選手権を初制覇。体重無差別の全日本女子選手権を18年に初出場で制し、19年も連覇した。78キロ超級で全日本選抜体重別選手権3連覇。18年ジャカルタ・アジア大会金メダル。17年世界ジュニア選手権優勝。得意は大内刈り、体落とし。福岡・南筑高出、環太平洋大1年。162センチ、110キロ。19歳。福岡県出身。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報