東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

山下氏、IOC委員就任へ 日本人2人に 柔道から1世紀ぶり

山下泰裕氏

写真

 【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は五日、当地で理事会最終日の審議を行い、柔道の一九八四年ロサンゼルス五輪男子無差別級金メダリストで日本オリンピック委員会(JOC)会長の山下泰裕氏(62)を新委員に推薦することを決めた。来年一月の総会(ローザンヌ)で正式に決定する。

 IOC委員は五輪開催都市を決める投票権を持ち、現在の日本人委員は国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長(60)のみ。東京五輪招致疑惑を受けてJOC前会長の竹田恒和氏が三月に辞任し、IOCとのパイプ強化のため、日本人二人目の委員待望論も出ていた。IOCのバッハ会長は記者会見で「(推薦は)東京五輪を控えていることから検討していた。渡辺会長に加えてJOC会長が委員になることは日本とIOCにとってウィンウィン(双方ともに有益)だ」と説明した。

 日本人初のIOC委員は講道館柔道の創始者で大日本体育協会(現日本スポーツ協会)を創設した嘉納治五郎氏で、日本柔道界からの起用が実現すれば、約一世紀ぶりとなる。

 山下氏のほか、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長(スイス)、国際テニス連盟(ITF)のデービッド・ハガティ会長(米国)が推薦される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報