東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ワンチームありがとう 丸の内でパレード ラグビーW杯日本代表

沿道に集まった大勢のファンに手を振りながら行進するラグビーW杯日本代表のリーチ・マイケル(手前)ら=11日、東京都千代田区で(平野皓士朗撮影)

写真

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で初の八強入りを果たした日本代表のパレードが十一日、東京・丸の内であった。主催の日本ラグビー協会によると推定五万人の観衆が詰めかけ、主将のリーチ・マイケル(東芝)らが喜びに浸るとともに「日本中がワンチームになったことがすごくうれしかった」と感謝の言葉を伝えた。

 W杯代表三十一人のうち、所属クラブの練習などで不在だった三人を除く二十八人が参加。東京駅近くの丸の内仲通りの約八百メートルを歩き、沿道から「ありがとう」などと声を掛けられた。

 「笑わない男」として有名になった稲垣啓太(パナソニック)は「笑ってと言われたが、笑ってないと思う。緊張してちょっと硬くなった」と言いつつ「一つ一つの言葉が温かかった」と感慨深げ。「また何かを感じてもらえる試合を見せたい」と来年一月に開幕するトップリーグへの決意も語った。 (対比地貴浩)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報