東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

背水の豪栄道、会心 かど番脱出へ一気の押し

豪栄道(左)が押し出しで玉鷲を下す

写真

◇大相撲初場所<6日目>

 大関貴景勝は御嶽海を突き落として1敗を維持した。かど番の大関豪栄道は玉鷲を押し出して2勝目。全勝を守ったのは平幕の正代ただ一人となった。

 新関脇朝乃山は妙義龍を寄り切って4勝目。1場所での大関復帰が懸かる関脇高安は遠藤に突き出されて4敗目を喫した。新小結大栄翔も隠岐の海に突き落とされて4敗目。

    ◇

 序盤を終えて1勝4敗。苦しい土俵が続いているかど番の大関豪栄道が、会心の相撲でようやく2勝目を挙げた。

 立ち合い、玉鷲が一度、腰を浮かせて立とうと仕掛ける。しかし、大関は動じない。再び土俵に手をつく相手の動きを冷静に見極め、自らのタイミングで立った。

 低く踏み込んで頭で当たる。前まわしに手が届かないとみるや、さらに頭を低く下げて当たってもう一度押し込む。あとは土俵際で棒立ちになった玉鷲を押し出すだけ。「内容は良かった。初日から立ち合い自体の踏み込みは悪くない」と納得の表情。中盤戦からの巻き返しに弾みがつきそうな相撲に「いいきっかけにしたいですね」。ほっと一息ついた。

 土俵下では師匠の境川審判部長代理(元小結両国)が弟子の白星を見届けた。「俺は見守るしかないから」と目を細め、「攻めよう、攻めようとしている。勝ちたい気持ちだよね」。審判ではなく師匠の顔で、かど番脱出を願う。八角理事長(元横綱北勝海)は「絶対に引かない気持ちが、今日はあった」とその気力をたたえた。

 8番勝って大関にとどまるには、まだまだ見通しは厳しい。だが勝ち負けだけではなく、この日のようなピリッとした相撲で毎日の終盤の土俵を締めることも、大関の務めの一つ。すでに両横綱が休場した今場所は、もう一人の大関の貴景勝とともに交互に結びの一番で土俵に上がる。「さすが大関」とファンをうならせる気持ちのこもった相撲を続けていくことが、今の地位を守ることにもつながる。「頑張ります」。取材を切り上げるときに発した短いひと言に力がこもった。 (平松功嗣)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報