東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

女子追い抜き 世界新で連覇 スピードスケート・世界距離別第2日

女子団体追い抜きで2分50秒76の世界新記録で優勝した(右から)高木菜那、高木美帆、佐藤綾乃の日本=共同

写真

 【ソルトレークシティー=共同】世界距離別選手権第2日は14日、当地で行われ、女子団体追い抜きで高木美帆(日体大助手)高木菜那(日本電産サンキョー)佐藤綾乃(ANA)の日本が世界新記録の2分50秒76で2年連続3度目の優勝を果たした。3人が2シーズン前につくった記録を0秒11更新し、2018年平昌冬季五輪から3季連続の世界一。

 女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が36秒69で2度目の優勝を飾り郷亜里砂(イヨテツク)は12位、辻麻希(開西病院)は15位。男子500メートルは新浜立也(高崎健康福祉大職)が34秒03で3位、山中大地(電算)が34秒06で5位となった。パベル・クリズニコフ(ロシア)が33秒72で制覇。

 男子1万メートルはグレーム・フィッシュ(カナダ)が世界新の12分33秒86で制し、土屋良輔(メモリード)は日本新の12分55秒62で5位だった。

◆「基本大切に」個々も底上げ

 おなじみのメンバーで、また快挙を成し遂げた。女子団体追い抜きの日本は2季前に樹立した世界記録を縮めた。五輪を制した3人が滑らかに連なり、無駄なく先頭を交代。最年少の23歳、佐藤は「基本的なことを一つ一つ大切にした」。洗練された滑りに大きな拍手が送られた。

 半周ごとの通過タイムは全てトップ。最初に先頭を務めた高木美が「速く入りすぎた」と反省したが、佐藤と高木菜はスピードを殺さず粘った。今季から安全のため、ヘルメットと厚みがあって重いレーシングスーツの着用が義務づけられた。動きづらさのある中での記録更新は、個々の底上げの成果でもある。

 だが、手放しでは喜べない状況もある。前回の世界記録の際に2位のオランダと4秒70もあった差が今回は1秒89。高木菜は「他の国もどんどん速くなっている。気は抜けない」と警戒する。

 空気抵抗の大きい先頭を半分以上も高木美が担うのは相変わらず。今季前半は佐藤が不調で、メンバーが代わったレースは惨敗した。層の薄さ、エース頼みの課題は残ったまま。高木美は「もっと強くならなければ」とすぐに表情を引き締めた。 (共同)

◇女子団体追い抜き世界記録変遷

3分5秒49 カナダ 2004年11月

3分3秒07 カナダ 04年11月

2分56秒04 ドイツ 05年11月

2分55秒79 カナダ 09年12月

2分55秒77 日本 17年11月

2分53秒88 日本 17年12月

2分50秒87 日本 17年12月

2分50秒76 日本 20年2月

(共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報