東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ロコ・ソラーレ女王 カーリング・日本選手権

中部電力を破って4年ぶりの優勝を決め、抱き合って喜ぶロコ・ソラーレの選手たち

写真

 日本選手権最終日は16日、長野県の軽井沢アイスパークで決勝が行われ、2年連続同じ顔合わせとなった女子は平昌(ピョンチャン)冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレが前回優勝の中部電力を延長の末7−6で下し、4年ぶり2度目の優勝を飾った。ロコ・ソラーレは3月の世界選手権(カナダ)の出場権を獲得した。

 ロコ・ソラーレは4−5の第9エンドに2点を奪って逆転。第10エンドに1失点したが、延長の第11エンドに1点を奪って競り勝った。

 男子はコンサドーレがTM軽井沢を6−4で退け、2年連続2度目の優勝。男子は世界選手権出場枠を獲得していない。

 日本が2022年北京五輪の出場枠を得た場合、今回と来年の日本選手権を連覇したチームが五輪代表に決まる。

◆延長制し4年ぶり栄冠

 女子カーリング界を引っ張る存在ながら、優勝は4年ぶりだ。延長にもつれた激戦を制したロコ・ソラーレの4人はあふれる涙をぬぐう。スキップ藤沢は「正直苦しくて、きょうも寝られなかった」と胸の内を明かし、安堵(あんど)の表情を見せた。

 4−5で迎えた第9エンドに司令塔の一投が勝利を引き寄せた。藤沢はハウス(円)内右手前のストーンを生かして円内左奥の石に当ててはじく、逆転のスーパーショットを披露。ピンチから一転、中部電力の石2個を出す「ダブルテークアウト」で2点を挙げた。

 今大会は平昌五輪で氷を整備したアイスメーカーがカナダから招かれた。世界基準の氷上で、技術と氷の変化を読み取る判断力を発揮し、北京五輪代表争いで一歩リード。サード吉田知は「自分たちの覚悟や戦略は間違っていなかった」と胸を張る。世界に目を向けた昨季と違い、国内大会に出てライバルのデータの研究に力を注いだことが大事な戦いで実った。

 世界選手権は銀メダルだった2016年大会以来の出場。藤沢は「(銅メダルの)平昌五輪は過去のことで、次に向けて前進している。強くなった部分を見せられたら」と世界の頂点へ視線を向けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報