東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

<東京2020>大歓声 送るよ パラリンピック半年

東京パラリンピック開幕まで半年となり、校庭で「6」の人文字をつくる児童ら=25日、東京都江東区の有明西学園で

写真

 東京パラリンピック開幕まで半年となった二十五日、東京都江東区の小中一貫校、有明西学園の小学三年生百九人が、大会まであと六カ月を表す「6」の人文字を作った。パラ陸上女子走り幅跳び(視覚障害T11)で代表に内定している高田千明選手(ほけんの窓口)による体験授業もあり、大会の盛り上げを誓った。

 校庭で文字の形に座った児童たちは、大会マスコット「ソメイティ」にちなんだピンク色のパネルを頭上に掲げ、「パラリンピックまであと半年!」と声をそろえた。体験授業ではアイマスクを着け、伴走者役を頼りに恐る恐る体育館を走った。

 見えない世界を疑似体験した児童たちは、口々に「怖い」と声を上げた。高林怜央君(9つ)は「高田選手は人一倍努力をしているから、あんなすごい結果が出るんだ」とうなずいた。高田選手は「障害のある人も自分たちと変わらないと思ってもらえれば。東京パラでは金メダルを獲得したい」と力を込めた。 (兼村優希)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報