東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

新型肺炎 五輪開催、5月までに判断か IOC最古参委員が見方

 【ジュネーブ=共同】新型コロナウイルス感染拡大で開催を危ぶむ声が出始めている7月24日開幕の東京五輪について、国際オリンピック委員会(IOC)で1978年から委員を務める最古参のディック・パウンド氏(77)=カナダ=がインタビューに応じ、開催是非の判断の期限は引き延ばせて5月下旬との見方を示した。25日、AP通信が報じた。

 弁護士でもあるパウンド氏は、準備期間の短さから他都市での代替開催や分散開催は難しいと指摘した。東京開催を数カ月延期することも、米プロフットボールNFLや米プロバスケットボールNBAのシーズンと重なるため、巨額の放送権料を支払う北米のテレビ局が納得しないだろうと否定的で、事態が収束しなければ「中止を検討するだろう」と推測した。

◆五輪相「公式見解でない」

 橋本聖子五輪相は26日の衆院予算委員会で、IOCの委員が東京五輪の開催是非の判断は5月下旬が期限になるとの見方を示したことについて「IOCの公式見解ではない」と話した。大会組織委員会がIOCに説明を求め、回答を得たとした。

 7月24日開幕の東京五輪の開催を危ぶむ声が出始めていることに関し「安心して開催できるように、IOCから認められるように、準備をしていくに尽きる」と強調した。立憲民主党の黒岩宇洋氏への答弁。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報