東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

南千住 貨物駅囲む高層住宅

大型マンションや商業複合施設などが建設され再開発が進む荒川区の南千住駅周辺=本社ヘリ「あさづる」から(市川和宏撮影)

写真

 隅田川沿いに、高層マンションやビルが立ち並ぶ南千住エリア。その一角を占めるのが、1897(明治30)年に開業したJR貨物隅田川駅だ。プラットホームはないが、規則正しく並んだコンテナ車が発車の順番を待つ。隣接する南千住駅は東京メトロ、JR東日本、つくばエクスプレスが通る。単身者や家族連れ、外国人からも「交通の便が良い」として人気の街となっている。

 しかし、南千住はもともと住宅街ではなかった。江戸時代、火葬場や刑場が設置され、埋葬された死者は20万人に上るともいわれる。延命寺の首切り地蔵尊は、その菩提(ぼだい)を弔うために建立された。明治になると企業が進出し、工業地帯の色を強める。航路や鉄道が発達し、常磐炭鉱の石炭を輸送する玄関口としての役割も担った。高層マンションが建ち始めたのは、平成に入ってからだ。

 一方、地域の商店は減っている。南千住駅前コツ通り商店街の杉山六郎会長(84)によると、同商店街の店数は最盛期の4分の1ほどになった。杉山さんは「地域に緑あふれる公園が少ない。人が集まる仕掛けが必要だ」と話す。 (天田優里)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報