東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

紅葉シーズンを前に、登山客のヘリ搬送訓練 ハンターマウンテン塩原

着陸した防災ヘリからけが人を運ぶ隊員=那須塩原市で

写真

 那須連山の紅葉シーズンを前に、那須塩原市湯本塩原の「ハンターマウンテン塩原」で13日、西那須野消防署塩原分署などによる登山客の救急搬送訓練があった。消防隊員や施設スタッフら約30人が参加し、県消防防災航空隊の防災ヘリで山腹からけが人を運び、救急車に乗せる手順を確認した。

 紅葉を見に来た登山客が山頂付近で滑落して、けがを負ったとの想定。防災ヘリがけが人を引き上げて、麓の駐車場に着陸。待機していた救急隊員にけが人を引き継いだ。

 訓練を終えて永山君春分署長は「連携を再確認できた。観光客にはルールを守って紅葉やスキーを楽しんでほしい」と話した。

 ハンターマウンテン塩原は、10月6日〜11月4日まで、紅葉を楽しむ「紅葉ゴンドラ」を運行する。訓練は秋冬の観光シーズンを前に、毎年行っているという。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報