東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「さつきドリーマーズ」全国大会へ 鹿沼市長に報告

全国大会出場を報告した両チームの代表=鹿沼市役所で

写真

 鹿沼市を拠点に活動する音楽団体「さつきドリーマーズ」の「バトントワーリング」(上野圭子代表)と「マーチングバンド」(藤平昌寿代表)がそろって全国大会への出場を決め、両チームのメンバーらが、同市役所を表敬訪問した。

 両チームは十一月十一日に、千葉市とさいたま市であったそれぞれの関東大会で金賞を受賞して全国大会の出場権を手にした。

 両チームのメンバーを代表してバトントワリングは石川亜澄(あすみ)さん(13)、澄香(きよか)さん(13)の双子の姉妹、マーチングバンドは副代表も務める佐藤淳一さん(30)と星井田彩季(さき)さん(24)が出席。それぞれの関東大会の演技をビデオで披露した。

 全国大会に向け石川亜澄さんは「笑顔で演技をする」、澄香さんは「踊る側も見る側も楽しめる演技にしたい」とあいさつ。星井田さんは「メンバー一丸となって関東大会よりパワーアップして最優秀を目指したい」と力を込めた。

 佐藤信市長は「映像を見て感動した。練習が行き届いているのが分かる。失敗を恐れずに目標に向けて頑張って」と激励した。

 バトントワリングの全国大会は九日、千葉市の幕張メッセで、マーチングバンドは十六日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催される。

 さつきドリーマーズは大会シーズンの終わりにあたり、来年一月六日午後、鹿沼市のTKCいちごアリーナで感謝イベント「ウインターサンクスデー」を開くという。(小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報