東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

矢板中央高、全国サッカーベスト8を報告 主将ら市役所訪問

ベスト8入りした大会を振り返る白井主将(中)=矢板市役所で

写真

 全国高校サッカー選手権大会で、ベスト8入りした矢板中央高校サッカー部の白井陽貴(はるき)主将(18)らが矢板市役所を訪問し、大会結果を報告した。

 前回はベスト4に進出した強豪の矢板中央は、初戦の二回戦と三回戦を突破したが、準々決勝で、大会を制した青森山田(青森)と対戦し、1−2で惜敗した。

 白井主将は「最高の舞台で良い経験ができた」とあいさつ。青森山田戦は「先制点を取っていけると思ったが、相手は焦ることなく自分たちのサッカーをした」と振り返った。

 サイドバックとして活躍した後藤裕二副主将(18)は「市民などのサポートへの感謝を忘れず、次のステージで活躍したい」と力強く話した。高橋健二監督は「日本一の目標はかなわなかったが、最後まで諦めず全力でプレーはできた」と報告した。

 斎藤淳一郎市長は「優勝した青森山田に引けを取らない戦いぶりだった。市民は感動を与えてもらった」と選手たちの活躍をたたえた。(小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報