東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

お菓子に囲まれ「ハイ、チーズ」 駅ビルに撮影スポット JR宇都宮

パティシエクラブの生徒たちとフォトスポット=JR宇都宮駅の駅ビルで

写真

 バレンタインデーを前に、お菓子で飾られた甘くてかわいらしいフォトスポットが、JR宇都宮駅の駅ビル「パセオ」二階に登場した。イチゴと電車をモチーフに、宇都宮短大付属高校のパティシエクラブの四十人の生徒たちが二週間かけて手作りした。十四日まで展示している。

 フォトスポットは縦二メートル、横三メートルの車両のパネルを、焼き菓子のマカロンやシュー生地など約千個で飾った。色は赤やピンク、白など、形もハートや丸などさまざま。「スイーツトレイン」と名付けた。

 背面には、イチゴのパネルを配置し、日本一の生産量を誇る栃木らしさを表現した。車窓の部分はくりぬかれており、顔を出して撮影できる。

 パティシエクラブは、部活動でパウンドケーキやクッキーを作り、校内やイベントなどで販売している。部長の二年佐藤湖雪(こゆき)さん(17)は「恋人同士でなくても、友人や家族など好きな人と一緒に写真を撮って楽しい気分になってもらえたら」と笑顔を見せた。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報