東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

矢板地域おこし隊2人仲間入り 東京の進藤さんと茨城の山上さん

新たに協力隊員に委嘱された進藤さん(左)と山上さん(右)=矢板市役所で

写真

 矢板市は1日、新たな地域おこし協力隊員として、東京都武蔵野市から移住した進藤尚子さん(47)と茨城県つくばみらい市からの山上文乃さん(44)の2人に委嘱状を交付した。

 進藤さんは食と農のつながりをテーマにした飲食業・宿泊業の起業を目指すという。「食の豊かな地域だと考えて矢板に来た。栃木県北は酪農のイメージがあったが、お米がおいしい」と印象を話した。

 山上さんは5人の子育てをする経験から、出産前後のケアができる場づくりに取り組むという。「子どもが多くて気付くこともある。矢板から発信したい」と抱負を語った。

 2人は昨年5月に設立された「矢板ふるさと支援センター TAKIBI」のスタッフとして、住民と連携して地域の課題解決や活性化に取り組む。

 新隊員を加えて市の協力隊員は6人に。これまでは男性だけだった。4月にも女性1人が着任する予定。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報