東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

県内初の広域公営路線バス 各2路線が相互乗り入れ、来月スタート

小山市のコミュニティーバス「小山市おーバス」(小山市提供)

写真

 小山、栃木両市は、それぞれのコミュニティーバスを互いの市域に乗り入れて接続する事業を3月に始めると発表した。県内初の広域公営路線バスが実現する。 (梅村武史)

 接続するのは、両市の各二路線。一つは、小山市が三月十三日から新規に運行する「渡良瀬ライン」と、栃木市の「部屋線」。渡良瀬ラインは、渡良瀬遊水地沿いにある栃木市の「部屋南部桜づつみ公園」を発着点に間々田駅や新小山市民病院、小山駅を結ぶ路線で、既存の部屋線を部屋南部桜づつみ公園まで約三キロ延伸して接続する。

 新幹線を小山駅で下車し、バスで渡良瀬遊水地に移動するルートが実現することで、風物詩の「ヨシ焼き」や野鳥ファンら都心からの誘客が期待される。小山市は部屋南部桜づつみ公園のバス停を「ラムサール渡良瀬遊水地駅」と命名。栃木市側の従来の呼び名と併記する。

 残る一つの路線は、小山西高校前を発着点とする小山市の「思川駅線」と、栃木市の「皆川樋ノ口線」。皆川樋ノ口線を三月二十三日から小山西高校前まで約一キロ延伸する。通学の利便性向上などを見込む。

 利用者は両市のバスが接続するバス停で一度下車して乗り換える。

 相互乗り入れは、両市の政策連携の第一弾。栃木市の大川秀子市長は「市民サービスの充実」を期待し、小山市の大久保寿夫市長は「将来の県南五十万人都市をめざす」と語った。

 渡良瀬ラインが運行を始める三月十三日、部屋南部桜づつみ公園で記念式典が開かれる。

栃木市のコミュニティーバス「栃木市ふれあいバス」(栃木市提供)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報