東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

とちぎブランド 農産物アピール フレッシュメイト募集

とちぎフレッシュメイトを募集するちらしの一部

写真

 県や県内の農業団体などでつくるとちぎ農産物マーケティング協会が、とちぎブランド農産物のPR大使「とちぎフレッシュメイト」を募集している。

 フレッシュメイトは、地元農産物のイメージアップを目指し、県内外のさまざまな行事に参加してアピールする。募集しているのは十八代目で三人程度。任期は六月一日から一年間。

 県内に住む十八〜二十九歳で「健康で明るい人」が対象。年間で約五十日ある行事への参加が条件。普段の活動には日当が支払われ、一年間の活動に対して報賞金や副賞が贈られる。

 協会の担当者は「お客様と接する機会が多いので、笑顔で話せ、しっかりと受け答えできる対応力のある方を募集しています」と話している。

 市販の履歴書に必要事項を記入し、三カ月以内に撮った全身写真と顔写真を一枚ずつ添付して協会のフレッシュメイト事務局に郵送する。締め切りは四月三十日。五月中旬に書類審査し、通過者が面接審査に進む。自薦、他薦は問わない。

 詳細は協会のウェブサイトに掲載している。問い合わせは事務局=電028(616)8787=へ。 (高橋淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報