東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

町民のおもしろ一こま60点  塩谷の道の駅で 17日まで

好みの写真にシールを貼る来場者=塩谷町で

写真

 塩谷町民が身の回りの面白い一こまを撮影した写真を展示する「おもしろ写真展!」が、同町の道の駅湧水の郷しおやのエントランスホールで17日まで開かれている。

 「しろうとの力作!、ほっこり写真・笑える写真」と銘打ち開催。赤ちゃんや子どもたちのスナップ、かわいらしいペットなどを被写体にした約60点が並ぶ。気の利いたコメントとともに展示されており、魚の顔を至近距離から撮った1枚には「人面魚…?」と添えられている。

 お気に入りの写真にシールを貼る人気投票も実施している。来場した女性は「元気な子どもたちの写真は、孫を見ているようで楽しかった」と話していた。

 最終日の17日午後1時からは、平成に思いをはせる電子オルガンなどのコンサートも開催される。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報