東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

原日出子さんら14人出席 24日、高崎映画祭授賞式

原日出子さん

写真

 第三十三回高崎映画祭(二十三日〜四月七日)の授賞式の出席予定者が発表された。「鈴木家の嘘(うそ)」で最優秀主演女優賞の原日出子さんや「斬(ざん)、」で最優秀主演男優賞の池松壮亮さんら十四人が出席する。授賞式は二十四日午後四時から、群馬県高崎市高松町の群馬音楽センターで開かれる。

 特別大賞の「花筐(はながたみ)/HANAGATAMI」の大林宣彦監督、最優秀作品賞の「斬、」の塚本晋也監督はともに出席。「菊とギロチン」で最優秀監督賞の瀬々敬久監督も参列する。

 「生きてるだけで、愛。」で最優秀主演女優賞の趣里さんは当日、舞台出演のため「調整が難しい」と連絡があったという。

 「寝ても覚めても」で最優秀監督賞の浜口竜介監督、「沖縄スパイ戦史」でホリゾント賞の大矢英代監督はともに次回作の準備などで都合がつかず欠席するが、同作の三上智恵監督は出席する。

 授賞式券(全席指定)の前売り券(二千五百円)はチケットぴあで発売中。当日券(三千円)は二十四日午後二時半から会場で販売する。

 問い合わせは高崎映画祭事務局=電027(388)9649=へ。 (石井宏昌)

池松壮亮さん(いずれも高崎映画祭提供)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報