東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<統一地方選>県議選29日告示 16選挙区に64人出馬準備

写真

 統一地方選の前半戦となる県議選(定数五〇)は、二十九日の告示が一週間後に迫った。本紙の取材では二十日現在、十六選挙区で六十四人が立候補を準備している。五選挙区で無投票になる可能性がある。投開票は四月七日。(北浜修)

 六十四人は前回の立候補者と比べて八人、前々回と比べて十五人少ない。

 内訳は、現職四十五人、元職三人、新人十六人。女性は八人。

 党派別では自民三十六人、立憲民主六人、国民民主一人、公明三人、共産三人、無所属十五人。

 県議会最大勢力の自民は現職二十九人、元職一人、新人六人の計三十六人を擁立する。引き続き過半数を維持した上で、さらなる議席増を目指す。

 旧民主、旧民進は政党が立民、国民に分かれてから初の県議選となる。自民に次ぐ勢力の立民は現職四人と新人二人で党勢拡大を図る。国民は現職一人が議席死守に挑む。

 公明は二選挙区に現職三人が出馬し、議席維持を狙う。共産は三選挙区で現職一人、新人二人が臨む。

 選挙区別では、宇都宮市・上三川町で定数を一人上回る十四人が出馬を予定。五つの政党の公認候補に無所属の現職、元職らが名を連ねる。

 那須塩原市・那須町は、七人が名乗りを上げており、激戦になる見通し。

 これに対して、足利市、大田原市、下野市、芳賀郡、壬生町の五選挙区では、現職のほかに出馬に向けた動きはなく、無投票の公算が大きくなっている。足利市選挙区は四議席を七人で激しく争った前回と比べ、情勢が一変しそうだ。

 県選挙管理委員会によると、六十四陣営のうち那須烏山市・那珂川町選挙区の一陣営を除く六十三陣営が、二十日までに事前審査に臨んだ。

県議会の議場=宇都宮市で

写真

◇県議選立候補予定者(敬称略)

◆那須塩原市・那須町(定数4−候補予定7)

阿部寿一 64 自現

関谷暢之 56 自現

斎藤剛郎 43 自現

小川昌彦 39 立新

印南敏夫 67 共新

相馬政二 62 無現

小林達也 51 無新

◆さくら市・塩谷郡(定数2−候補予定3)

小菅哲男 54 自新

西川鎮央 47 自新

船山幸雄 64 立現

◆那須烏山市・那珂川町(定数1−候補予定2)

三森文徳 62 自現

岡哲夫 53 無新

◆下野市(定数1−候補予定1)

高山和典 53 自現

◆芳賀郡(定数2−候補予定2)

岩崎信 67 自現

山形修治 55 自現

◆壬生町(定数1−候補予定1)

佐藤良 39 自現

◆鹿沼市(定数3−候補予定4)

神谷幸伸 64 自現

小林幹夫 65 自現

松井正一 53 立現

湯沢英之 49 無新

◆日光市(定数2−候補予定3)

阿部博美 58 自現

加藤雄次 64 自新

平木チサ子 66 立現

◆足利市(定数4−候補予定4)

木村好文 76 自現

早川尚秀 46 自現

加藤正一 57 立現

塩田等 58 無現

◆小山市・野木町(定数5−候補予定6)

板橋一好 78 自現

五十嵐清 49 自現

白石資隆 43 自現

西村真治 57 公現

石川正雄 73 共新

中屋大 40 無現

◆真岡市(定数2−候補予定3)

石坂太 38 自新

一木弘司 77 無現

大島秀代 58 無新

◆大田原市(定数2−候補予定2)

相馬憲一 61 自現

池田忠 63 自現

◆矢板市(定数1−候補予定2)

守田浩樹 65 自現

青木克明 66 無元

◆宇都宮市・上三川町(定数13−候補予定14)

螺良昭人 59 自現

五月女裕久彦 66 自現

中島宏 50 自現

横松盛人 60 自現

渡辺幸子 36 自現

吉羽茂 69 自現

金子武蔵 40 自新

小池篤史 42 立新

斉藤孝明 47 国現

山口恒夫 55 公現

野沢和一 59 公現

野村節子 66 共現

山田美也子 63 無現

中川幹雄 68 無元

◆栃木市(定数4−候補予定6)

日向野義幸 60 自現

増山敬之 40 自現

琴寄昌男 57 自元

平池紘士 43 自新

保母欽一郎 59 無現

市村隆 61 無新

◆佐野市(定数3−候補予定4)

金子裕 56 自現

亀田清 71 自現

早川桂子 63 無現

岡部光子 55 無新

      ◇

 投開票は来月7日

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報