東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

足利・桐生の魅力、短編アニメ4本に 両市、周遊観光促進で制作

あしかがフラワーパークが舞台のPRアニメ

写真

 足利市と群馬県桐生市は周遊観光を促進しようと、両市の名所や風物詩などを題材にしたアニメを制作した。情緒豊かな六十〜百二十秒の短編四本で、人気声優の内田彩さんらが出演している。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開し、両市への誘客を図る。アニメは「ヒトトキ桐生足利」で検索できる。

 四本のアニメは春夏秋冬をそれぞれ描いた。春はフジの花が咲き誇るあしかがフラワーパーク、夏は熱狂的な桐生八木節まつり、秋は郷愁を呼び起こす桐生ののこぎり屋根の織物工場、冬は受験生が合格の願掛けに訪れる足利学校を舞台にした。

 声優陣には、「機動戦士ガンダム」のガルマ・ザビ役などを担当した森功至(かつじ)さんや「キャプテン翼」に出演した酒井広大(こうだい)さんらを起用。音楽は、クラブジャズのDJやプロデューサーなど多方面で活躍する野崎良太さんのプロジェクト「Jazztronik」(ジャズトロニック)が曲を書き下ろした。

 制作はポニーキャニオンが手掛けた。英語の字幕も付け、海外へ情報発信する。今後、映画館での上映前CMなどの活用も検討する。

 群馬県太田市出身の内田さんは「地元の魅力を伝える作品に関われて本当にうれしかった。足利市も地元のようなもので他県という意識がありません。縁の深い地元のPRは鼻高々です」などとコメントした。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報