東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

那須雪崩きょう2年 遺族代表の追悼文 「夢見たこと実現させてあげたかった」

 あなたたちに会いたい、心を通じさせたい。そう願い、今、ここに、家族、友人が集まっています。

 こんなふうになるなんて、誰も考えませんでした。今でも信じられません。あなたたちがいないことが。

 2017年3月27日午前8時30分すぎ、この場所のあの斜面で、雪崩が起きました。何十人という生徒たちが雪崩に飲み込まれました。その中で、あなたたち8人が命を落としました。このときから、あなたたちの運命は狂ってしまいました。

 あの斜面に登ることを決めたのは、計画変更を決めた責任ある立場の人たちです。あなたたちに、責任はありません。

 あなたたちはあの斜面を登りたいと、あのとき、本当に思ったのですか。本当は登りたくなかったのではないですか。

 あのとき、あなたたちの目には何が見えたのですか。どのような音が聞こえたのですか。脳裏に何が浮かんだのですか。

 雪崩に流されている時、何を思ったのですか。怖かったでしょう。お父さん、お母さん、助けて、と叫びたかったのではないですか。それとも、考えるひまさえない勢いで流されてしまったのですか。

 いくら尋ねても、あなたたちの声は私たちには届きません。

 最愛のわが子が、こんな山の中で雪に埋もれ、誰にもみとられず、1人で息を引き取るなんて。かわいそうで、かわいそうで、なりません。このことを思うと、私たち家族は涙が止まりません。言葉が出ません。

 大田原高校でのあなたたちは、夢と希望に満ちあふれた生徒と先生であったことを、私たちはよく分かっています。

 あなたたちが夢見た将来は、もう実現することができなくなってしまいました。それを思うと、私たちは苦しくなります。悲しみで居たたまれなくなります。

 事故のことを知り、たくさんの友だちが来てくれました。みんなが、涙を流してくれました。知り合いは、私たちの話を聞いて涙してくれました。

 あなたたちが、どれほど大切な存在であったのか、どれほどかけがえのない存在であったのか、私たちは分かってほしいと思い、関係者に訴えてきました。

 そして、どうしたらこの事故を防ぐことができたのか、何をすれば命を救うことができたのか、ずっと自問自答をしてきました。関係者にも質問し、答えを探し続けてきました。

 県では、検証委員会が作られ、事故の経緯と原因の究明が検証され、報告書が作られました。高体連と登山専門部は説明会を実施し、私たちの質問に回答しました。警察は必死に捜査してくれました。

 でも私たちには、なぜあの天候の中で、あの斜面を登ることにしたのか。何をどうしていれば、あなたたちの命を救うことができたのか。納得できる答えが、見つかっていません。

 私たちはこれからも力を合わせ、どうすれば、あなたたちを助けることができたのか、その答えを探し続けます。

 その答えが、雪崩事故を防ぐことになります。新たな犠牲者を出さないことに役立つはずです。

 今、ここに立ち、あなたたちの笑顔を思い出すと、あなたたちのやりたかったこと、夢見たこと、希望したこと、それを実現させてあげたかった。その思いでいっぱいです。

 もう1度、あなたの顔を見たい、あなたの笑い声を聞きたい、あなたの匂いを感じたい。

 そして、あなたの「ただいま」という声を聞きたい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報