東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<統一地方選>各党かく戦う

◆候補者全員の当選目指す

<自民党・茂木敏充県連会長> 経済の活性化、地域社会の安全・安心などの政策を訴える。責任与党として全選挙区に公認候補を出して臨む。「日本の明日を切り拓(ひら)く」をスローガンに全員の当選を目指す。

◆「原発ゼロ」を訴え続ける

<立憲民主党・福田昭夫県連代表> 誰も置き去りにしない社会、地域経済を元気にする社会、原発ゼロで持続可能な社会の実現に向け訴え続ける。草の根の民主主義を確立し、まっとうな政治を実現する。

◆未来へ向け「新しい答え」

<国民民主党・落合誠記県連幹事長> 結党以来、初めての大型選挙。正直で偏らない対応と現実的な取り組みによって常に前進を図り、未来に向けた地域経済と社会の「新しい答え」をつくる党と訴える。

◆安心と希望の未来つくる

<公明党・山口恒夫県本部代表> 安心と希望のとちぎの未来をつくる。近年相次ぐ自然災害からの復旧・復興の加速とともに、防災・減災という最重要テーマを社会の主流へと押し上げていく。

◆安倍政治に地方からノー

<共産党・小林年治県委員長> 暮らしの破壊が強まるなか、豊かな財政力を生かし医療・福祉・子育て支援など暮らし最優先の県政への転換を訴える。安倍強権政治に地方からノーの審判を下すことを訴える。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報