東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

勝負事に強い時代に インコの「オリビア」占う 那須どうぶつ王国

「勝負事に強い」の旗をくわえるオリビア=那須どうぶつ王国で

写真

 那須どうぶつ王国(那須町)では、サッカー日本代表の勝敗予想で人気の大型インコ「オリビア」(雄、十四歳)が、どんな「令和時代」になるかを占った。四択からオリビアが選んだのは「勝負事に強い」。ラグビーワールドカップ(W杯)や東京五輪・パラリンピックでの日本勢の活躍を予感させた。

 「劇的な変化がある」「多くの人から愛される」などと、新時代を予想した四本の旗が占い台に立った。来場客が見守る中、オリビアは旗に向かって歩き出し、いくつかの旗をくわえて迷うそぶりを見せた。最終的に「勝負事に強い」の旗を選び、飼育員の松本未咲さん(22)の元に戻った。

 松本さんは「迷っていたが、しっかりと選んでくれた。日本がいろいろな面で、活躍する時代になってくれるといい」とオリビアをねぎらった。

 千葉県銚子市から家族五人で遊びに来た、小学生の安藤光太郎君(8つ)は「オリンピックの陸上のリレーで日本がメダルを取ってくれたら、うれしい。自分もリレーを走るので頑張る」と笑顔を見せていた。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報